会長メッセージ

2011年甲蹄会総会
2011年甲蹄会総会

会長メッセージ

【60周年記念誌より】

OBと現役が、ともに楽しみ、ともに栄える馬術部に

甲蹄会会長 安田 誠

甲蹄会会長 安田 誠
1976年(昭和51年)卒

甲南学園馬術部は、2012年(平成24年)、創部60周年を迎えます。
未来永劫に心の故郷である馬術部の発展を願うことは、OB・現役共通の想いでありましょう。
60周年は、創部時代の大先輩から現役まで、その想いを新たにする絶好の機会かと思われます。

全国に馬術部は多々あれど、中学生から大学生まで幅広い世代が「共働互助」の精神で活動する部は、めったにありません。
間違いなく、甲南学園馬術部は、甲南学園全体の誇りといえます。

しかしながら、部員が学業と部活動を両立できる環境の整備や、広野グラウンドと本校との距離の克服、および運営費の捻出など、発展のための課題も多く、現役だけで課題を克服するのは困難です。
そこで本誌は、60周年の節目を記念するのみならず、部の歴史と活動理念を内外に紹介し、OB・現役の交流および発展の一助とすべく、発行されました。

部から遠ざかっていたOBの方々も、これを機に再び馬と親しみ、物心両面で部活動を支えていただければ幸いです。

甲南学園馬術部がさらなる発展を実現するためには、現役がより高い志を持って積極的に活動すること、そしてOB組織である甲蹄会が現役と思いを一つにして、部を見守り、支えていくことが肝心です。

どうぞ皆様、馬術部にあたたかなまなざしを注ぎ、そして自ら、ふれあいを求めて下さい。
そのふれあいが輝きに満ちていれば、必ずや、明るい未来が訪れると確信いたします。