『第43回全日本高校馬術競技大会』結果報告

090731

第43回全日本高校馬術競技大会(全日本高校馬術連盟主催)の決勝が31日、御殿場市仁杉の市馬術・スポーツセンターで開催され、高校生の長谷川、吉井、岸本の3名が出場し見事団体3位に入賞しました!!

090801_2インターハイ初戦は金沢二水、磐田農、2回戦では熊本、洛水を満点走行で突破。準決勝で淵野辺に惜しくも減点4、総タイム190秒 対 188秒という僅か2秒の差で破れましたが、初戦から最後まで素晴らしい走行で終えることができました。

応援していただいた皆様に、心より御礼申し上げます。
本大会には、全国36校の選手約170人が参加し、秋篠宮ご夫妻も視察されました。

神戸新聞掲載記事 「甲南が健闘3位 41年ぶり入賞、飛躍に期待」

090731_2
※この記事は、神戸新聞社の使用許諾を得て掲載しています。
※全日本高等学校馬術競技大会
全国に約110校ある高校馬術部の頂点を決める決勝大会。
8つの地域の予選を勝ち抜いた精鋭36校が、1校3名が3頭の貸与馬に乗り競います。
競技はトーナメント形式で、1~2回戦は3校のうち1校が勝ち上がり、準決勝~決勝は、2校のうち1校が勝ち上がります。

You may also like...